トランプ大統領、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で | ワールド | ニュース速報 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト ブートアグ

Newsweek

注目のキーワード
英王室
北朝鮮
中国
女性問題
ドイツ
ジンバブエ
アマゾン
自転車
ライフスタイル
キャリア

ニュース速報

ワールド

トランプ大統領、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で

2017å¹´09月20日(水)10時55分

 9月19日、トランプ米大統領は国連で就任後初の一般討論演説を行った。写真は国連本部で同日撮影(2017年 ロイター/Eduardo Munoz)

[国連 19日 ロイター] - トランプ米大統領は19日、ニューヨークの国連本部で行った就任後初の一般討論演説で、米国は北朝鮮を「完全に破壊」せざるを得なくなる可能性があると述べた。

トランプ氏は41分間にわたる演説でイランの核問題、ベネズエラの民主主義を巡る問題、イスラム強硬派などについても言及。キューバ政府も批判した。

ただ最も鋭い矛先を向けたのは北朝鮮で、「米国は強大な力と忍耐力を持ち合わせているが、米国自身、もしくは米国の同盟国を守る必要に迫られた場合、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択肢はなくなる」と言明。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と呼び、「『ロケットマン』は自身、および自身の体制に対する自爆任務に就いている」と述べた。

そのうえで、北朝鮮の核・ミサイル開発プログラムは「全世界に対する脅威となっており、想像を絶する規模の人命が犠牲になる可能性がある」と指摘。「世界を核の脅威にさらすこうした国と、一部の国が貿易を行うだけでなく、武器を提供し、財政支援を行っていることに憤りを感じる」と述べた。暗に中国を非難したとみられる。

また、国連加盟国は北朝鮮が「敵対的な」態度を改めるまで 金正恩体制の孤立化に向け共に取り組む必要があるとの考えを示した。

トランプ氏の発言に対し、北朝鮮の国連代表団は現在のところコメントを発表していない。

ドイツのメルケル首相は北朝鮮問題について、外交的に解決するためにあらゆる努力を行うとし、「外交手段以外のいかなる手段も大惨事につながる」と述べた。

トランプ氏の発言に対する米国内の反応はまちまち。2012年の大統領選挙の共和党候補だったミット・ロムニー氏は、トランプ氏は世界的な課題に国連が対処するにあたり「必要で、かつ力強い課題」を突きつけたとツイート。一方、上院外交委員会のエド・マーキー議員(民主党)はCNNに対し、北朝鮮に協議に応じるよう働き掛ける手段はまだ残っているとし、「核による対決の回避に米国は努力したと言えるようにする必要があると」と述べた。

トランプ氏は今回の演説で「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」も主張。米国は他の国に自国の意思を押し付けることはせず、他の国の主権を重んじるとしたうえで、「米国の利益を最優先させる。ただ、われわれは他の国に対する責務を果たす際、すべての国が主権的で、繁栄し、安全である将来を追求することが誰もの利に適うと認識している」と述べた。

トランプ氏は原稿を慎重に読み上げる形で演説。米国の軍隊は近い将来に過去に例を見ないほどに強くなるとも述べた。

金融市場はトランプ氏の発言にほとんど反応していない。XEドットコム(トロント)の首席市場ストラテジスト、レノン・スウィーティング氏は「トランプ氏は原稿の読み上げに終始した」と指摘。「ドル/円はやや上向いたが基本的には横ばいとなっており、トランプ氏の演説でこれ以上の動きは出ないとみている」としている。

*見出しを修正しました。


Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

  • 続きを読む

ニュース速報

ビジネス

ANAとJAL、「未来のパイロット」養成へ無利子奨

ビジネス

ECBの資産買い入れ、来年9月以降に終了も=エスト

ワールド

インドネシア実業家、2019年大統領選への出馬を否

ビジネス

英中銀ストレステスト、17年は全主要銀が合格 審査

新着

シリア情勢

シリアでも混乱を助長するだけだったサウジアラビアの中東政策

2017.11.28
日本企業

検査データ改ざんはBtoBビジネスへの甘え? 契約軽視の日本的風潮

2017.11.28
イラン

イラン戦艦がメキシコ湾へ プレゼンス拡大でアメリカに対抗

2017.11.28
ドラマ『ロング・ロード・ホーム』から見える戦争のリアル

堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕生させた「米史上最悪の救出作戦」

2017.11.21PR
インタビュー

理想の成分と技術が生んだ革新的なコラーゲンドリンク

大井盛夫 モデーアジャパン合同会社 社長

2017.11.14PR

MAGAZINE

特集:セクハラは#MeTooで滅ぶのか

2017-12・ 5号(11/28発売)

ハリウッド発のセクハラ告発が世界に拡大中── なぜ男性は女性に対する性的虐待をやめられない?

  • お得な定期購読お申し込み
  • デジタル版
  • 最新号の目次
グローバル人材を目指す
  • Facebook
  • Twitter
  • instagram
  • RSS feed

人気ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • 1

    アマゾン配送センターでは週55時間勤務も救急車搬送も当たり前  

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 3

    ハリー王子と米女優メーガン・マークルが婚約! 来年春に結婚

  • 4

    トランプの無策が中国の追い風に

  • 5

    エネルギー飲料はむしろ「心と体の健康に悪い」、米…

  • 6

    亡命の北朝鮮兵士は「ナイスガイ」 執刀医が語る人…

  • 7

    英王室はそれでも「黒人プリンセス」を認めない

  • 8

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    サイバーマンデーでさらに儲けるアマゾンの戦略

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    亡命の北朝鮮兵士は「ナイスガイ」 執刀医が語る人…

  • 5

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 6

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 7

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 8

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 9

    インドネシア軍・警察の処女検査、 人権団体が廃止要求

  • 10

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 6

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

  • 7

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 8

    北朝鮮の子供たちの余りに残酷な現実 身分で決まる…

  • 9

    「こんまり式」はもう古い!? スウェーデン式の断捨…

  • 10

    日本はよくトランプを手なずけた 中国に勝ち目はあ…

ニューストピックス

認知症予防の最新科学

認知症対策は予防の時代へ――ここまでわかった日常習慣による発症リスク

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

八方塞がりのイタリア労働者

一向に上向かない景気と巨額の財政赤字を抱え、暗いトンネ…

uggs på försäljning kvinnor;height:80px;margin:0 auto 5px auto;display:none;">
全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

2017.11.28号
2017.11.28号

特集:北朝鮮の歴史

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

2017.11.21号
2017.11.21号

特集:ビットコイン 可能性と危険性

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

2017.11.14号
2017.11.14号

特集:トランプのアジア戦略

アジアを初訪問するトランプ大統領── アメリカは台頭する中国にどう向き合うのか?

2017.10.31号
2017.10.31号

特集:役に立たない? 経済学

経済学者の経済予測はなぜさっぱり当たらない? エコノミストの功罪と経済学の構造的欠陥を検証する

2017.10.24号
2017.10.24号

特集:中国予測はなぜ間違うのか

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと


ugg siopa
cupones uggs
ファクトリーアウトレット
goedkoop te koop
spedbarn



<NEWS>

<2017